FAS転職におけるオススメ転職エージェントと活用のコツ

FAS転職エージェント

FAS業界への転職を目指すうえで欠かせないのが転職エージェントです。業界をよく知るエージェントに直接相談できるというアドバンテージはやはり大きいです。

また、一言にFASファームと言っても、得意分野や企業風土は会社毎にそれぞれ特色があります。志向するキャリア実現にマッチした会社を選択する上でもエージェントの存在は不可欠です。

当記事では、そういったニーズに応えられるような、FAS業界の知識に強みを持つ転職エージェントを紹介するとともに、筆者の経験に基づいたエージェント活用前のポイントについて解説します。

(筆者について)税理士でも公認会計士でもなく業界経験もなかった状態から独立系FASに転職し8年が経ちました。FAS業界の実体験と業界人脈から得た知見をもとに、FAS転職に役立つ情報発信をしています。

【先に要約】FAS転職におけるエージェント活用のポイント

本記事で主張するFAS転職におけるエージェント活用のポイントは、以下の3点。

  • FAS面接本番までに、FAS業界への理解をエージェントと徹底的にすり合わせするべし。そのためには、FAS業界に知見があるエージェントが在籍する会社を選ぶことが必須。
  • 業界に特化したエージェント会社を選ぶべし。コンサルテーションや案件の面で、その他のエージェントを選択する理由がない。
  • FASのどの領域にチャレンジしたいのかは、エージェント面談前に明確化しておく。(例えばM&AのDDやバリュエーション、あるいは企業再生など)

詳細は次のセクションから順次述べていきます。

なぜFAS転職でエージェントが必要なのか?

一言で応えると、FASの業務内容に対して、未経験者が理解度のピントを合わせるのが難しいから、と言えます。

ご理解の通り、FASの仕事は世間的に露出度が高い(例えば街中に店舗があるなど)職業ではありません。ゆえに中に入らないと分からない働き方や常識、仕事内容が様々あります。

当サイトでも業務内容理解のために可能な限り業務内容を伝えてはいますが、業界知識豊富なエージェントへの口頭での質問に勝るものはありません。

FASファームそれぞれで見ても、コアドメインは多様。

FASファームと一口にいってもそのコアドメインは様々です。

例えばM&A系と企業再生系はいずれもFASファームの主戦場ですが、その仕事内容やキャリアパスは全く異なるものになります。

エージェントに対して自分がどのような未来像を抱いているのかを伝え、その未来像に応じたファームを提案してもらうことが重要と言えます。

FAS転職でエージェントに依頼する前に、志望領域を明確化するべき

FASファームの仕事といっても多様な分野があります。よって、単に「FAS業界に行きたい」といったざっくりな志望動機では、「要は何がしたいのか?」みたいな議論になり、エージェントとのやり取りも方向性が定まりません。(企業面接においても同様です。)

求職者としては、転職エージェントの門を叩くにあたり、ご自身がFAS業務の内のどの領域を専門としたいのか、あらかじめ明確にしておく必要があるということです。

どのような業務領域があるかは、当サイトの業界研究のまとめ記事もぜひご参照ください。「FASの具体的な業務内容」のうち、1つに絞る必要はありませんが、内容を理解して優先順位を付けておくべきでしょう。

(ちなみに)FAS業界内でのキャリアチェンジは比較的容易と考えてよい

一定規模があり複数のサービスラインをもつのファーム(Big4、独立系を問わず)に入社できれば、内部での部署移動は比較的活発に行われている印象です。また、事例は多くはありませんが、リファーラル採用による業界内の会社から会社への転籍も見受けられます。

こういった事例は、一つのFAS領域で専門性を深めた方であれば、FASの他領域業務では高い適正を発揮できることが理由の一つとして挙げられます。

よって、入り口でどれか特定の専門分野を選択したとしても、その他の業務に参画できる芽がなくなることはないので、あまり考えすぎず志望領域を選定しましょう。

FAS業界転職におけるオススメの転職エージェント

FAS業界向けの転職エージェント市場において特徴的なのは、業界に特化したエージェント企業が数社存在していることが挙げられます。

その中でも「特化が非特化か」という二元論ではなく、専門職>コンサル業界>金融コンサル>FAS、といった具合に、各社専門領域の絞り度合いは様々です。傾向としては(当然ですが)特化度合いが高まるにつれてエージェント企業も比較的小規模になります。

企業とのコネクション強弱や業界知識の解像度のトレードオフといった側面もあります。求職者としては、特化度合いが異なる複数社を利用して様子を見るのが良いでしょう。

【早見表】FAS転職に適したエージェント企業

詳細は後続セクションに記載します。ちなみに筆者自身も、8年前にFASに転職したときはこの表内にいる内の2社にお世話になり、その1社から紹介された独立系FASに転職が決まったという経緯でした。

さて、これからFAS転職を目指される方についても、エージェント選定方針は、専門職系から1社、特化度高から1社の計2社の活用をオススメしています。案件数の大手専門職系、業界知見の特化系の両方の特徴を生かしながら転職活動を進められることを転職活動の中で肌で感じたためです。

社名またはサービス名分類特徴
コトラ専門職金融・コンサルティング等専門職に強み
ジェイエイシーリクルートメント専門職プライム上場企業、FASにおける採用市場に存在感強い
アンテロープ特化度高金融・コンサル業界に強み。豊富なWebドキュメント。
ムービン特化度高コンサルに強い。FAS業界知識も豊富。
ヤマトヒューマンキャピタル特化度高FAS特化により近い。M&A、ファンド、IBDなどにも強み。
ビズリーチ転職サイト日本最大級のハイクラス転職サイト(スカウト受け取り)

尚、転職サービスは基本的に企業サイドから手数料を受け取るビジネスモデルであるため、大半の転職エージェントは求職者は無料でサービスを受けられるはずです。具体的にはご利用の各社にご確認ください(少なくとも過去に筆者が利用した際は無料で利用可能でした)。

専門職・ハイクラス転職特化エージェント

FAS業界は一般業種に比べて年収水準が高いことから、ハイクラスを専門とするエージェントが良く活用されます。本記事で紹介するエージェントでは、比較的大手・広域専門よりのグループです。

FAS業界で採用活動を行っていると、どちらかといえばこちらのグループのエージェントの方が存在感があります。

専門系に比べて企業規模が大きく人的リソースも厚いため、採用に結び付ける能力が高いとみてよいでしょう。

【コトラ】金融・コンサルティング業界等に強み。ハイクラス専門エージェント

東京都港区赤坂に拠点を置く株式会社コトラは、2002年に金融機関出身の代表者により創業された、プロフェッショナル転職支援を掲げる転職エージェント企業です。

金融・コンサルティング等を中心に専門職の案件数では強みを持ち、FAS転職においても強力な支援が期待できます。また、広告も積極的に行っており、業歴・実績ともに充実していることが伺われます。

(外部リンク)コトラの転職支援サービスはこちら

【ジェイエイシーリクルートメント】独立系FAS転職にも存在感

東京都千代田区神田神保町に拠点を置く株式会社ジェイエイシーリクルートメントは、外資、海外転職、専門職等に特に強みをもった総合転職エージェントです。

プライム上場企業であり、売上高は200億円超と、人材ビジネス業界では上位クラスの企業です。

FASにおける採用活動では、Big4・独立系を問わず存在感を発揮しており、積極的に人材紹介活動を展開しています。

(外部リンク)JAC Recruitmentの無料転職サポートはコチラ

より業界に特化:FAS・金融等の業界専業エージェント

こちらより下は、より業界特化のカラーが強くなります。

業界理解の解像度が高いことが期待でき、仕事内容の理解度向上や、志望内容にマッチしたキャリア実現の強力な味方となる期待が出来ます。

【アンテロープ】金融&コンサルティング業界専門の転職エージェント

東京都千代田区内幸町に拠点を置くアンテロープキャリアコンサルティング株式会社は、2002年創業の転職エージェントです。

FASを含む金融・コンサルティング業界に関するドキュメントを、かなり以前から多数掲載しており情報収集の面で強みを感じさせます。

アンテロープ社のドキュメントには、筆者自身も転職活動当時かなり参考にしていました。一度はサイト訪問し、色々と読み込んでみるといいでしょう。

【ムービン】コンサルティング・IT業界が専門

東京都港区西新橋に拠点を置く株式会社ムービン・ストラテジック・キャリアは、ボストンコンサルティンググループ(BCG)出身者により2000年に設立されたキャリアコンサルティング企業です。

コンサルティング・IT業界を専門としている転職エージェント事業を行っています。FAS業界に強みを持つエージェントの1社とみて問題ないでしょう。

実のところ、ムービン社は筆者も業界転職時に実際にお世話になったエージェントです。丁寧な対応で無事FAS業界への転職を果たすことが出来ました。

【ヤマトヒューマンキャピタル】FAS業界により絞られた専門性

東京都千代田区丸の内に拠点を置くヤマトヒューマンキャピタル株式会社は、M&A、PE、VC、事業再生等、FAS業界を中心ターゲットの一つに据えた転職エージェントです。

他者がコンサルティング業界全体をターゲットに置いていることと比べると、より専門特化したエージェントと言えます。

最後に。事前の業界研究なら、当サイトにお任せください。

冒頭に書いた通り、エージェントに相談する前にご自身がFAS業務のどの領域を専門にしていくのか、検討しておく必要があります。

(関連記事)FAS(フィナンシャル・アドバイザリー・サービス)の概要に、FASの各専門領域の仕事内容をはじめ業界の基礎知識をまとめております。ぜひご参照ください。

タイトルとURLをコピーしました